著作権にまつわるあれこれ~クラシック音楽編~Vol.1

こんにちは!

ブログにお越しくださりありがとうございます。

 

今回は以前こちらの記事

concertdesigncantabile.hatenablog.com

で触れた、著作権団体への許諾申請及び著作権にまつわる内容でよく誤解されていることについて3選、解説していきたいと思います。

またこの記事は音楽に関する著作権の中でも主にクラシック音楽日本国内で演奏をする際の注意点をピックアップしております。

著作権の消滅した作品のことをパブリックドメイン「P.D.作品」と表記しております。

パブリックドメイン - Wikipedia

 

1、~クラシック音楽だから使用申請をしなくても大丈夫~(誤)

クラシック音楽でも著作権の切れていない作品はたくさんあります。

作曲者の死後70年(2018年12月29日までは死後50年)を過ぎていない作品に関しては許諾申請が必要です。

※歌曲については作詞者の著作権も消滅していないか調べるようにしましょう。

 

いやいや、そんなこと知ってるよ!という方でもよく見落としがちなケースがこちら↓です。

例としてベートーヴェンラフマニノフ、その他P.D.作品の編曲版を演奏する場合です。

この場合は編曲者に著作権が発生しますので編曲者の死後年数を参照しましょう。

~作品例~

ベートーヴェン(リスト編曲)交響曲

(ベートヴェンの作品もリストの作品もP.D.であるので自由に演奏可能)

×ラフマニノフ(コチシュ2016年11月6日没)編曲の歌曲「ヴォカリーズ」

(ラフマニノフの作品はP.D.であるがコチシュの作品に関しては著作権の保護期間中のため使用許諾が必要)

また著作権の切れていない作品に関しては無許諾での編曲はできません。

 

2、~入場料無料のコンサートだから申請の必要はない~(誤)

こちらもよく誤解されているのですが、入場料が無料であっても演奏者に出演料が支払われる場合は許諾申請が必要になります。

 

3、~許諾申請は全てJASRACにすれば大丈夫~(誤)

音楽の著作権の話題になるとよく名前が出てきますので普段P.D.作品のみを演奏される方でもJASRACをご存じの方も多いと思います。

なのでとりあえず著作権が切れていない作品の場合JASRACに申請したらいいのかな...?と思う方も多いと思います。

一般社団法人日本音楽著作権協会 JASRAC

現在JASRACは大多数の音楽作品の著作権を管理しており、クラシック音楽の作品もその多くが登録されていますが、作曲家が直接権利を管理している作品やその他の著作権管理団体や出版社等が直接権利を管理している作品もあります。

このような作品については権利者へ直接使用許諾を得る必要があります。

また、編曲の許諾も管理団体ではなく権利者へ直接確認を取る必要があります。

 

新型コロナウイルスの影響により、コンサートを有観客+配信もしくは無観客配信でされる方も増えたと思います。

この「配信」に関しては特に注意が必要で、

聴衆を相手に実演する「演奏」とインターネット上で音楽を「配信」することに関しては別々に使用許諾を得る必要があり、「演奏」の権利はJASRACが管理しているが「配信」の権利は別団体や個人が権利を管理しているケースも多数見受けられます。

最近はYouTubeをはじめとして有料での配信が可能なツイキャスhttps://twitcasting.tv/

その他SNS等を利用した配信の機会も増えておりますので必ず確認してから行うようにしましょう。

※配信に関しては無料有料を問わず無許諾の配信はNGとなっております。

Youtube等、著作権団体と包括契約を結んでいるところで配信する分には大丈夫って聞いた(見た)けど...

という意見を耳にすることも多いのですがあくまで包括契約を結んでいる団体がその作品の「配信」の権利を管理しているかどうかがポイントになります。

「配信」の権利を管理している場合は演奏者側で新たに申請をする必要はありません。

 

5、おまけ

クラシック音楽を演奏(練習)する際に必ずといってよいほど必要になるのが楽譜ですが、その楽譜のコピーに関して楽譜コピー問題協議会(CARS)及び日本楽譜出版協会のQ&Aのリンクを↓に記載しておきます。

楽譜のコピーに関するQ&A | 楽譜コピー問題協議会(CARS)

よくあるご質問 | 一般社団法人日本楽譜出版協会

ご参考になりましたら幸いです。

 

6、さいごに

今回取り上げた内容は演奏会を開くために絞ったごくわずかな部分であり、他にも著作権について勉強しなけらばならないことはたくさんあります。また著作権法が定められたころと現在とではSNSの普及等環境が大きく変わっており、見直しが必要なんじゃないかなあ...と思うこともあります。

また、演奏する側としては著作権の有無にかかわらず、人の作品を扱っているという意識を忘れないようにしたいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

www.cantabire28.com

 

 

 

 

10/24(日) 岩田真実&山田千愛 Duo Recital

公演情報になります!

 

岩田真実&山田千愛 Duo Recital

2021年10月24日(日)  

会場 プチ・エル にて 

アクセス | エル・おおさか

 

13:30 開場 / 13:45 開演  

入場料 3000円

チケットはこちらより!

チケット・楽譜 - 演奏会デザイン カンタービレ

(直前のお申し込みの場合は下記の番号まで直接ご連絡くださいませ)

080-5718-9867

 

~プログラム~

D.ミヨー スカラムーシュより ブラジルの女  

M.ラヴェル ソナチネ第2楽章 メヌエット(ソロ)  

F.メンデルスゾーン 無言歌集よりデュエット Op.38-6(ソロ)  

P.チャイコフスキー 組曲くるみ割り人形」  

 

~休憩~

 

後半  F.スメタナ モルダウ「我が祖国より」

C.サン=サーンス 動物の謝肉祭

 

今回のプログラムはピアノ連弾を中心にお届けいたします。

動物の謝肉祭(C.サン=サーンス)や組曲くるみ割り人形」(P.チャイコフスキー)の他、モルダウ「我が祖国より」(F.スメタナ )等、元々管弦楽のために書かれた作品の連弾編曲版がメインのボリュームたっぷりのプログラムとなっております。

 

出演者、スタッフ一同、ご来場お待ちしております!

 

岩田真実さんのYoutobeチャンネルはこちら!

www.youtube.com

山田千愛さんのHPはこちら!

chiaki-yamada-pianist.webnode.jp

f:id:ConcertDesignCantabile:20211014185640j:plain

フライヤー

 

当コンサートに関するご質問、お問い合わせは↓よりお願いいたします。

080-5718-9867(10時~21時)

www.cantabire28.com

実際にコンサートを企画してみよう!

こんにちは!

今回は実際にコンサートを開く際の流れを簡単にご紹介したいと思います♪

※この記事は小~中規模のクラシック(ポピュラー含む)コンサートの開催例になります。

 

自主企画をしてみたい...

でも企画していただいたコンサートやコンクールしか出たことがない...

という若手演奏家さんや音楽学生も多いと思います。

 

この記事ではそのような方の力になれれば幸いです!

 

1、まずは日時とコンセプトを決めよう

漠然とコンサートを開こうと思っても演奏する楽器や規模によって

会場は様々なパターンが考えられます。

演奏の編成やコンサートの規模をまずは決めてしまいましょう。

開催の候補日は複数用意しておいた方が無難です。

 

2、会場を予約しよう

次にその内容に応じた会場を予約しよう。

会場は数十人規模の音楽サロンから100人~規模のコンサートホール等さまざまです。

 

音楽サロンとコンサートホールで予約の際の注意点が異なるのでご紹介いたします!

~音楽サロンの場合~

HP等に記載されている連絡先や予約フォームがあるものが多いです。

料金は1時間当たり〇〇円~+楽器及び設備使用料(楽器使用料込みの会場もあります)

の場所が多く、当日のスタッフは自身で用意するパターンが多いです。

こちらの場合利用料金がわかりやすく電話や予約フォームのみで予約完了できることが多いので初めて開かれる方にお勧めです。

 

~市営、区営その他公立のコンサートホールの場合~

こちらは申込書を作成の上、実際に来館しての手続きの場合が多いです。

1年前もしくは半年前から予約できますが日によっては抽選が必要になります。

利用料金はHPに記載されておりますが、営利利用や非営利利用、

企画者が該当の地域の住民かで料金が加算、減額されることがあるので注意が必要です。

チケット代を設定してのコンサートの場合、営利利用の欄を見るとよいでしょう。

また数時間の区分毎に料金が設定されているケースが多いので、

タイムスケジュールをしっかり把握したうえで必要な分を予約しましょう。

※ピアノの調律や音響照明等の設備を利用する場合その準備時間も含めて確保する必要があります。おおよそ開催日の1、2カ月ほど前にホールスタッフと打ち合わせすることになります。設備使用料の他、会場専属の技術スタッフ代がかかる場合がありますので不安な場合は会場予約の際に決まっている内容を伝えどのくらい費用が必要か質問しましょう。

 

※またコンサートの配信を行いたい場合はサロン、ホール共に配信可能かどうか確認するようにしましょう。

 

2a、著作権団体への申請

こちらはプログラムによっては必要ありませんが、著作権の切れていない楽曲を演奏する場合著作権の管理団体へ(個人で管理されている楽曲はその権利者へ)申請する必要があります。

曲目がギリギリまで決まらないor当日変わる場合がある...

という場合は一旦コンサートの開催のみを申請する形になります。

多くの場合↓へ申請することになると思います。

一般社団法人日本音楽著作権協会 JASRAC

またコンサート内容を配信する場合は↓のNexToneが管理している場合があります。

株式会社NexTone(ネクストーン)

忘れないように行いましょう。

 

3、フライヤー等広報物を作成して告知しよう

会場の予約が完了したら、フライヤーやチケット(電子チケットの場合はお申し込みページ)宣伝動画等を用意しましょう。

フライヤーデータを自身で作成して印刷業者に依頼する場合、サイズに注意しましょう。ここまで準備できたらあと一息です!

※フライヤー例は記事下部にあります。

 

4、当日の準備を忘れずに

告知も開始したしあとは本番に向けて練習...も大事ですが

本番で余計なストレスがかからないよう前もって準備しておきましょう。

多くの場合以下のものがあると安心です。

 

・当日のスタッフ(サロン規模なら1~3人、小中ホール規模なら3、4人~)

・当日のプログラムや次回以降のフライヤーやアンケート用紙

・来客者様リスト

・おつり(当日清算がある場合は忘れないように!)

・消毒液や体温計等(使わなくてもよい日が早く来てほしいですが会場に備え付けのものがない場合は持っていくようにしましょう)

 

~当日電車で会場入りする場合~

有難いことにお客様よりプレゼントをいただくことがあるかと思います。大きめのカバンを持っていくことをおススメします!

 

ここまで来たらあとは本番です。

いい演奏ができますように...

 

5、さいごに

企画、演奏お疲れさまでした!

初めての企画はとても大変だと思いますし思わぬ経費がかかることもたくさんあります。

ここに記載したものはほんの一例ですので、色々と試してみてご自身の理想の演奏会を見つけていただけましたら幸いです!

 

演奏会デザインカンタービレでは様々な形でイベントを企画しております。

演奏者様の希望に合う形をご提案させていただきますのでもしよろしければ↓のページもご覧いただけますと幸いです。

www.cantabire28.com

 

 

f:id:ConcertDesignCantabile:20211008063111j:plain

演奏会風景

f:id:ConcertDesignCantabile:20211008063213j:plain

フライヤー例

 

 

 

 

演奏会デザインカンタービレについて

はじめまして!

ブログにお越しくださりありがとうございます。

 

演奏会デザインカンタービレではコンサートの企画や採譜編曲、CD制作等、行っております。詳しくはHPをご覧くださいませ。

www.cantabire28.com

 

こちらのブログではスタッフがイベント企画や音楽にまつわるあれこれをゆるく更新していく予定です!

今後ともよろしくお願いいたします。